ジャックラッセルテリア専門!エンオリの出産日記♪&子犬情報&仔犬の成長日記▼∵▼ | TOP > ARCHIVE > 2009年05月
子犬は今、いくつになったの?

 
プロフィール

エンオリ

Author:エンオリ
ドッググッズショップ「ENZOLIVE」の看板犬?
ジャックラッセルテリアのエンゾー♂
とオリーブ♀の間に生まれたアイル♀!JRT3頭と一緒に
日々、楽しく暮らしています♪

2002年にファーストジャックのENZO(♂)を家族に迎えたことから、オージー血統のJRTの虜になってしまった私。(^^;
理想のJRTに出会える♪ことを夢見て、日々、研究中。

その後、エンオリの出産を機会に「ENZOLIVE」ケネル
として、JRT専門のホビーブリーダーを目指して、勉強中。
我家に血を残す、計画繁殖のため、数年に一度の繁殖予定。
ファンシャー同士の交配・出産に関するご相談も受付中。

★追記
2013年6月、愛犬オリーブは虹の橋へ
2015年、久々の交配・出産情報をアップしました!!!

そんなエンオリママがボチボチと綴ってます。
更新は不定期。以上、よろしくお願い致します。

ご訪問ありがとうございまーす♪

 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
FC2カウンター
 
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2009.05.27 (水)

ブリーディングについて


愛犬のブリーディングを考えている方々には是非、ご覧頂きたい番組です。
純血種の先進国と言われているイギリスでもこんな問題が起こっているのが現実!

◆BS世界のドキュメンタリーシリーズ 人と動物
「イギリス 犬たちの悲鳴 ~ブリーディングが引き起こす遺伝病~」
5月29日(金曜日)深夜0:10~


もう少し日本でも犬の遺伝病について、考えてほしいと思うことがあります。

海外にはジャックラッセルテリア専門の遺伝的疾患をリサーチするグループがあります。
The Jack Russell Terrier Research Foundation
こちらのサイトには、本当に目を覆いたくなるような、悲しいJRTの疾患の例のムービーが掲載されています。

これ以上、不幸な犬がこの世に生まれてこないためにも
「臭いものに蓋をする!」のではなく現実を直視して、
良識ある人間による最善の犬のブリーディングが望まれます。

何かご意見がございましたら、遠慮なくご連絡ください。




スポンサーサイト
 
正直、悩みましたが、以前より、JRT交配について、ご相談を受けることが多かったので、ここに記事としてアップしておきたいと思います。

何度も言うように、安易な素人交配繁殖については、勿論、私は賛成ではありません。

ただ、人気が出るに従って、最近、あまりにもジャックラッセルテリアのスタンダードから外れた容姿・性格・サイズ・健康状態など、犬種愛好家として、目に余るようなJRTが増えているのも現実問題なので・・・。(><)

素人でもちゃんとした意思を持って、繁殖を望んでいる方には、出来る限りの情報をお知らせしたいと思います。

例えば、どうしても愛犬の2世を望んでいる場合、全てを受け入れる覚悟が出来る方のみで、ジャックラッセルテリアの歴史的背景、スタンダードを理解し、愛犬(雌犬)の健康状態、遺伝的疾患、出産に関する知識などを学習したうえで、自分の家に残すことを目的とした、販売目的ではない方で、御自身の愛犬ジャックラッセルテリアへの出産を強く望む方がいらっしゃいましたら、ご協力ができる範囲でご協力をさせて頂きたく思います。(^^)
ENZO・FACE
... 続きを読む
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。